昨日、栗きんとんを作ろうと思ったら、28日に購入していたサツマイモに、な・ぜ・か、カビが生えていたので!!!、お店へ連絡して返品するということになり、お節料理が一品少ない年明けとなった、管理人の楽器弾きです。

 

もう、ホントびっくりしました!!!

えええええ!?!?なんで!?!?28日に買ったんだよ!!どうしてーーーー!!!!

 

でも、もう良いんですよ。「去年」の話ですからね。笑!!

うんうん!!

 

(因みに、お節は手作りします!!日本人ですからね!!うんうん!^^!)


 

 

それで・・・今日は1月1日ですが、個人的に新年のご挨拶は失礼させて頂いておりますので、

昨年の御礼の気持ちや、今後の事などについて書かせて頂きます。

 

 

 

昨年は、伊福部昭百年紀企画においてフルオーケストラ演奏会に出演することができ、

また、団の基本となっている絃楽シリーズ演奏会も3回目を迎え、さらに団としてのCDも何枚も発売されました。

そして、NHKや東京新聞、朝日新聞、ネット新聞、音楽雑誌など様々なメディアに取り上げられるという、

とても嬉しい出来事、実りの多い1年でした。

 

演奏会というのは、本当に1人で開催出来るものではなく、

発案者、多くの実行委員、後援者、事務スタッフ、舞台スタッフ、演奏者、そして多くの聴衆の皆様・・・・、

 

 

が、あってこそ、出来るのです。

 

この人員が1人でも欠けてしまっては絶対に出来ないのです。

運営も出来ず、成功など絶対に出来ません。


多くの方々が1つとなって、「演奏会の成功」という目標へ向かって、努力をして頂いているからこそ、

私達が舞台で演奏させて頂く事が出来るのです。

 

大人数が関わっている大規模な企画なので、

もちろん様々な問題があったと思いますし、ものすごい苦労があったと思います。

 

 

しかし、色々と苦労があっても、多くの皆様の笑顔を見られた時、全てが喜びに変わります。

 

 

今年も、

芥川也寸志生誕90周年記念渡辺宙明卆寿記念コンサートオーケストラ・トリプティーク第四回演奏会

などあり、未だ経験のない苦労が今後もあるかもしれませんが、

 

全てが笑顔になるよう、真摯に頑張って参りたいと思います!!


どうぞ本年も宜しくお願い致します。