18

今日は、ひょんな事から楽しい午後を過ごした管理人の楽器弾きです。

 

 

いや~色々とビックリするような事件っておこるんですね~。

要は、色々な方と知り合うっていうことは、本当に大切な事だな~と感じました☆

 

 

さてさて、今週の金曜日6/10は、『黛敏郎個展』です!!

 

なんと、リハーサル音源の一部が公開されました!!

それがこちら!!!

なんですか!!?!

このぶっ飛んだノリノリの音楽は!!!!

 

 

なーんと、黛が18歳の時に書かれた作品だそうです~。

 

っひゃ~~~~~~~天才ってすごいですね。

 

(えーと、自分が18歳の時ってなにしてたっけなー。

転科した頃だなぁ。ふむふむふむむ・・・。)

 

 

 

 

しかもこの曲、記事によりますと・・・・。

 

 

《オールデゥーブル》は、ピアノとドラムスのための組曲として作曲されたが、あまりの難しさにピアノ・ソロとして発表され、その後、ピアノ・ソロの超絶難曲としてほとんど演奏されずにいた幻の作品である。

作曲当時は18歳の黛敏郎による渾身の作品であり、その魅力を世に伝えようと、本来のドラムス付きを6月10日のコンサートで世界初演する・・・・。

 

 

ということで、凄いコンサートなのですよ!!!

 

 

これはもう、

幻の中の幻作品・・・・・!!

 

 

私個人は、担当楽器の出番が無いため、演奏する出番はないのですが、

仲間がとっても素晴らしい演奏をしてくれる事間違いなしです!!!

 

もう、今から聴くのが本当に楽しみです!!!!

 

是非是非皆様、

金曜の夜は、

東京オペラシティ リサイタルホールへ!!

 

 

どうぞ、お越し下さいませ。宜しくお願い致します!!