チャージマン研!ライブシネマコンサート

【宮内國郎特集】Vol.2


株式会社ICHI(ナック)公認

 

ライブシネマ形式でオーケストラが映像に合わせて生演奏!

 

 2018 年10月8 日(祝)開演14:00(開場13:30)

渋谷区文化総合センター大和田さくらホール

 

【演奏予定曲】

 

第1部

【宮内國郎特集 コンサート形式】

 

◆宮内國郎メドレー

 

 

第2部

【ライブシネマ形式でアニメスクリーンに上映しながら生演奏】

 

「殺人レコード恐怖のメロディ」

「頭の中にダイナマイト」

ほか

 

ジュラルの魔王の声を演じた佐藤昇さんが、オーケストラとアニメにあわせて生アフレコを担当!

44年の時を越えて甦る、あのシーンに君は立ち会えるか!?

 

作曲: 宮内國郎

復元編曲:今堀拓也

指揮:髙橋奨

演奏: オーケストラ・トリプティーク

ゲスト:佐藤昇

 

合唱: ひばり児童合唱団

主催: チャージマン研!コンサート実行委員会

公認・協力: 株式会社ICHI

企画制作 スリーシェルズ / ジャパニーズコンポーザーアーカイブズ

 

チケット:S席7000円 A席6000円 B席5000円 (当日1000円増)※税込

 

※学生券(大学生以下)

【先行発売の終了後に、学生前売り券を限定枚数発売致します。学生券は一般価格の半額です。】

 

チケット販売:HPより一般席のみ先行発売開始【3/5(日)午前0時~発売】 

実行委員会070-5464-5060

 

一般販売:カンフェティ(4/1 0時より開始)

 

佐藤昇 (ジュラルの魔王、ピアノの先生、星君などチャージマン研!の重要なキャラクターの声を担当)

山形県真室川町出身。劇団近代座、シェイクスピア・シアターを経て1988年劇団工房ライング公演『尺には尺を』(グレン・ウォルフォード演出)で者行くスピア全作37作品に出演達成。1997年ひとり芝居『傘男』(藤本義一・作)を上演し、アクターズ・フェスティバルNAGOYA97金のシャチ賞コンクールに参加。2000年のクリスマスよりチャールズ・ディケンズの公開朗読台本の朗読を開始。2005年3月、ディケンズ・フェローシップのフィラデルフィア支部、ニューヨーク支部にて『ドクター・マリーゴールド』を朗読。2008年7月、早稲田大学英文学部にて『ディビット・コパフィールド』(梅宮創造・訳)、2010年11月、甲南大学英米文学科で『リリパー夫人の貸間』(西條高雄・訳)、2011年6月神戸女学院大学エミリー・ブラウン記念館でのディケンズ・フェローシップ日本支部春季大会にて『ドクター・マリーゴールド』を朗読。2012年8月11日「大いなる遺産」の朗読でディケンズ公開朗読台本全21作を完読した。2002年より開始した狛江市立古民家園の「むいから民家園で聞く朗読会」は2015年に38回目で終了した。2016年4月、阿佐ヶ谷ワークショップ主催「ガートルードとクローディアス」。同年5月に思考動物「KOTOBA TO ONGAKU」に参加。映画『タンポポ』『マルサの女II』、TV『うちの子にかぎって』『パパはニュース・キャスター』など。グローブ文芸朗読会代表。