頭の中で、ぐるぐると例のメインタイトルが、まだまだまだまだ回っている、管理人の楽器弾きです。

~~~@~~~@~~@

    ~~~@~~~@~~@

            ~~~@~~~@~~@


伊福部昭百年紀Vol.3、無事に終演致しました!!

ご来場下さいました、皆様、誠にありがとうございました。



アンコールでは、聴衆が立って、踊って?(1部の方?笑!)、オーケストラと一緒に大合唱!!!


本当に、楽しかったです!

多くの演奏者の仲間からも、「楽しかったーー!!!」「本当に良い思い出だった~~!!」と、喜びの声が!!!


音楽って、やっぱり、ああいう物なんだと思います。

あれが、音楽の力なんだと思います!!


むしろ、音楽でないと、あの素晴らしさは生まれません!!!!



音楽やっててよかったな~、と、本当に思います。


そして何よりも、作品が素晴らしいという事が一番だと思います。


本当に・・・・!!!



是非、次回・・・・Vol.4も!!!!!!!



と、演奏者も聴衆も、私も、思っている所ではありますが、残念ながら、これでファイナルだったんですよね・・・・。


何とも、寂しい、、、。この一年間、百年紀のことばかりでしたので・・・・。


でも、確かに考えてみれば、『百年』というのは2014年度しかないわけですが・・・・、

でもでも、『百年紀シリーズ』として、何か出来たらな・・・、と思いますが・・・。


企画の『スリーシェルズ』さんに頑張って頂く他はないですかね・・・・・・・・。


みんな続けて行きたいのは、やまやまなのだと思いますが、、、、


はっきりと現実的にいえば、

一言で言えば、




資金が足りません!!



Vol.3のキャッチコピー、「予算度外視」でしたよね?汗!!

伊福部昭百年紀の内容は、大規模過ぎて、本当に予算度外視をしていないとやっていられないのだと思います。


地方から、全国各地から、泊まりがけでお越し頂いている聴衆の方もいらっしゃっているので、

運営側も、聴衆も、皆で「予算度外視」だったのだと思います。


本当に、そういう意味で、聴衆と一緒に開催出来た演奏会だったのではないかな?と思います。

本当に、素晴らしいです。




Vol.4・・・・、Vol.5・・・・・、、、、


夢はあります。沢山あります。皆さんもそうではないかな?と思います。



あの、熱狂・・・・、熱唱・・・・、熱演・・・・!!!



もう熱いよ!!



多くの皆様からの、さらなる支えを頂かないと、あの空間には出合えません・・・。




チケットも決して安くはありませんし、全国各地からお越し頂いているのにも関わらず、

残念ながら、、、、これが現実なのです・・・。涙



プログラムの最終ページに書いてありましたが、



我こそは!!


という方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さいませ。


何卒、宜しくお願い申し上げます。