· 

WINDS CAFE 266 in 原宿【オーケストラ・トリプティーク・メンバーによるソロ・コンサート/日本人特集】

2019年2月17日(日)14:30開演(14:00開場)

 

カーサ・モーツァルト 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階

 

【プログラム】

 

矢代秋雄:セレナーデ

山本和智:A certain portal I (2018) for Viola solo(新作初演)

伊左治直:虹のポポンデッタ

藤倉大:Bis、es

川島素晴:パgani蟹

芥川也寸志:ヴァイオリンとピアノの為の譚詩曲

西村朗:無伴奏ヴィオラ・ソナタ第3番「キメラ」(2017)

金井喜久子:トロンボーンによる3つの奇想曲

司会:西 耕一

ヴァイオリン:荒井智子

ヴィオラ:伊藤美香

コントラバス:佐藤洋嗣

トロンボーン:山本靖之

ピアノ(賛助):百武恵子

 

【チケット】入場無料(投げ銭方式)

【アクセス】カーサ・モーツァルト 

東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階

地下鉄「明治神宮前」出口5徒歩2分/JR「原宿」徒歩5分

 

【問】070-5464-5060 333triptyque@gmail.com 

西耕一・にしこういち(企画・司会)

日本の作曲家を専門に企画・プロデュース・執筆を行う。

これまでに放送局、大学、研究機関の依頼による企画協力や、プロオーケストラのプログラム解説執筆で評価された。近年の主な仕事として、日本の管弦楽曲100周年、伊福部昭百年紀シリーズ、芥川也寸志生誕90年、渡辺宙明卆寿記念、佐藤勝音楽祭、菊池俊輔音楽祭、渡辺岳夫音楽祭、黛敏郎メモリアルなどをプロデュース。代表的執筆はヤマハ『日本の音楽家を知るシリーズ 芥川也寸志、團伊玖磨、黛敏郎』、CD『松村禎三作品集』(NAXOS)解説など。

■Three Shells official https://www.3s-cd.net/

 

荒井智子・あらいさとこ(ヴァイオリン)

東京音楽大学付属高校・同大学を経て同大学院修了。ヴァイオリンを景山誠治、浦川宜也の両氏に、室内楽をD.フェイギン氏に、ヴィオラを百武由紀氏に師事。東京音楽大学付属高等学校非常勤講師。東京音楽大学付属幼稚園助手。東京音楽大学教職課程管弦楽指導助手。

 

伊藤美香・いとうはるか(ヴィオラ)

北鎌倉女子学園高等学校音楽科(ヴァイオリン)を卒業。ヴィオラ専攻として東京音楽大学卒業、同大学院修士課程修了。在学中に特待生奨学金を得る。くらしき作陽大学音楽学部研究生修了後、同大学の非常勤講師を勤め、現在、尚美学園大学オーケストラ演奏員、オーケストラ・トリプティーク団長。第七回日本アンサンブルコンクール室内楽部門にて優秀演奏者賞・全音楽譜出版社賞、第七回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門第三位受賞。別宮貞雄氏の「ヴィオラ協奏曲」を井上道義氏指揮によるオーケストラ・アンサンブル金沢と共演。また、西村朗氏の「ヴィオラ協奏曲」、水野修孝氏の「ヴィオラ協奏曲」(初演)を水戸博之氏指揮によるオーケストラ・トリプティークと共演。第24回「四人組とその仲間たち」演奏会にて、西村朗氏の無伴奏ヴィオラ•ソナタ第3番〈キメラ〉を初演。これまでにヴィオラを兎束俊之、室内楽を河合訓子、浦川宜也、ドミトリー・フェイギン、ヴァイオリンを鈴木稔、 田尻かをり、大谷康子の各氏に師事。

 

佐藤洋嗣・さとうようじ(コントラバス)

高校時代はエレクトリック・ベースを演奏し、卒業後コントラバスの魅力に触れ、転向。2006年、東京音楽大学卒業。現在は室内楽、オーケストラ、アルゼンチン・タンゴなどを演奏し、ソロに於いてもコントラバスの新しい可能性を探りながら演奏している。京都・国際音楽学生フェスティバル、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)、メキシコでのモレリア音楽祭など国内外の音楽祭に参加。アンサンブル・ノマド、シュテルン・クインテット、オルケスタ・ティピカ・パンパのメンバー。山野楽器講師。2011年度バンドジャーナル誌に於いてワンポイントレッスンを連載。2012年、東京オペラシティ・リサイタルホールでリサイタルを開催。

 

山本靖之・やまもとやすゆき(トロンボーン

島根県出雲市出身。尚美学園短期大学卒業。東京芸術大学別科修了。尚美学園短期大学卒業演奏会出演。島根県高文連主催第29回高校音楽コンクール管楽器部門第二位。日墺文化連盟主催フィレッシュコンサート2002出演オーディション合格、出演。コンセールヴィヴァン主催第12回新人オーディション合格。2015年3月にソロリサイタルを開催し、好評を博す。トロンボーンを井上順平、故 岡本繁邦、萩谷克己、喜多原和人、栗田雅勝、古賀慎治、各氏に師事。室内楽を喜多原和人氏に師事。現在、東邦音楽大学附属高等学校、附属第二高等学校非常勤講師、山梨トロンボーン倶楽部テクニカルアドバイザーを務め、後進の指導にあたる他、東京ウインドシンフォニカ、東京トロンボーンアーティスツ、エレガントトロンボーントリオ各メンバー、K-Sliding主宰として活躍している。

 

百武恵子・ひゃくたけけいこ(ピアノ)<賛助出演>

東京音楽大学、大学院を経て、パリ国立高等音楽院にて伴奏科、室内楽科を一等賞を得て修了。2007年文化庁海外派遣芸術家海外研修員。フランス国際コンクール室内楽部門第一位。

在学中よりロンティボー国際コンクール、カザルス音楽祭、などに公式伴奏者として参加。弦楽器クラス伴奏者を度々兼任し、パリ国立管弦楽団、フランス国立管弦楽団などのメンバーと共演。 09年に帰国。10年文化庁国際交流基金の支援のもとアルジェリアにてリサイタルを行う。ピアノを 三浦捷子、川上昌裕、伴奏法と室内楽をJ.ケルネル、山洞智、C.イバルディの各氏に師事。東京音楽大学非常勤講師(伴奏、室内楽)




 

日本作曲家専門レーベル

スリーシェルズ